iPhoneのバーストモードを解除する方法

iPhone

この記事では、iPhoneのバーストモードを解除する方法について説明します。シャッターボタンを長押ししてもバーストモードで撮影されないようにしたい方向けです。

バーストモードとは

iPhone標準のカメラアプリでは、シャッターボタンを長押しすると1秒間に10枚の写真を撮ることができます。この高速で連写される撮影モードが「バーストモード」です。

バーストモードは、じっとしていない被写体を撮影するときに役立ちます。撮影した写真の中から手ブレの少ないものが自動的に保存されるので、ベストショットを逃さずに済みます。

そう考えるととても便利な機能なのですが、バーストモードには「容量を圧迫する」というデメリットがあります。容量の圧迫はiPhoneの動作に影響してくるので、うっかり連写してしまうことが多い方や、普段ほとんど連写することがない方は、解除しておいたほうが良いでしょう。

バーストモードを解除する方法

バーストモードは、スイッチひとつでオンオフを切り替えられるものではありません。しかし、だからと言って解除できないわけではないので安心してください。「AssistiveTouch」の機能を使えば、シャッターボタンを長押ししても連写されないようにすることが可能です。そのためには、以下の操作をおこないます。

  1. 設定アプリを起動
  2. [一般]-[アクセシビリティ]-[AssistiveTouch]の順にタップ
  3. [AssistiveTouch]のスイッチをオンにする
  4. [新規ジェスチャを作成…]をタップ
  5. 画面を一本指で軽くタップ
  6. [保存]をタップ
  7. 適当なジェスチャ名を付けて[保存]をタップ
  8. カメラアプリを起動
  9. AssistiveTouchのアイコンをタップ
  10. [カスタム]をタップ
  11. 7で付けたジェスチャ名をタップ
  12. 画面に出現した黒い丸をシャッターボタンまでドラッグ

「AssistiveTouchのアイコン」とは、以下の画像で矢印が指しているアイコンのことです。

AssistiveTouch有効時のiPhone標準カメラアプリ操作画面

画面に出現した黒い丸をシャッターボタンまでドラッグし、そこで指を離すとシャッターが切られます。以降はシャッターボタンを長押ししてもバーストモードでの撮影にはなりません。

なお、カメラアプリを起動しても手順9以降の操作をしなければ、今まで通りシャッターボタン長押しでバーストモードにすることができます。

まとめ

  • バーストモードは、スイッチひとつででオンオフを切り替えられるものではない。
  • AssistiveTouchの機能を利用すれば、シャッターボタンを長押ししてもバーストモードで撮影されないようにすることができる。

それでは、また!