「耐える」と「堪える」の違い

日本語の使い方

この記事では、「耐える」と「堪える」の違いについて説明します。この二つはどちらも「たえる」と読み、意味も似ています。では、いったいこれらはどのようにして使い分けるのでしょう。

「耐える」の意味と使い方

「耐える」とは、「我慢する」「持ちこたえる」という意味の動詞です。「厳しい訓練」「孤独」「痛み」などの「苦しいこと」や、「反復使用」「風雪」「地震」などの「外部から加えられる力」に屈しないことを表します。

事物を評価する意で使われる「批評」や「批判」は、「耐える」と書くこともあれば、「堪える」と書くこともあります。「批評(批判)されるつらさを我慢する」ということを表すのであれば「耐える」と書くのが適切なので、「堪える」と書かないよう注意しましょう。

「堪える」の意味と使い方

「堪える」とは、「その価値がある」「その能力がある」「その感情を抑える」という意味の動詞です。「大人の鑑賞に堪える作品(=大人が鑑賞するだけの価値がある作品)」「任に堪える人材(=任を負う能力がある人材)」のように使います。ただ、そのまま使うよりかは、「見るに堪えない(=見られたものではない)」「喜びに堪えない(=喜びを抑えることができない)」のように、「堪えない」と打ち消しの語を付けて使うことが多いです。

先ほども述べましたが、「批評にたえる」「批判にたえる」の「たえる」は、「耐える」と書くこともあれば、「堪える」と書くこともあります。「批評(批判)するだけの価値がある」ということを表すのであれば「堪える」と書くのが適切なので、「耐える」と書かないよう注意しましょう。

まとめ

  • 耐える:我慢する。持ちこたえる。対象が苦しいことや外部から加えられる力などのときに使う。
  • 堪える:その価値がある。その能力がある。その感情を抑える。「堪えない」と打ち消しの語を付けて使うことが多い。

それでは、また!