洗濯機で洗えない洗濯マーク

生活・文化

この記事では、洗濯機で洗えない洗濯マークについて説明します。洗濯機で洗えないものが洗濯マークを見ただけでわかるようになり、洗えないものを間違って洗濯機に入れてしまうことがなくなります。

洗濯機で洗えない洗濯マーク

衣類には、洗濯機で洗えるものと洗えないものがあります。それは品物の見た目や感触からある程度判断することもできますが、確実なのは洗濯マークを見ること。洗濯マークは、衣類の内側に付いている表示ラベルに、絵として描かれています。

洗濯マークにはたくさん種類がありますが、洗濯機で洗えるか洗えないかは、以下のマークを確認するだけでわかります。

記号 意味
手洗い可能を表す洗濯マーク 液温は40度を限度とし、手洗いができる
家庭での洗濯禁止を表す洗濯マーク 家庭での洗濯禁止

桶に手が差し込まれているマークか、桶にバツ印が描かれているマークがあれば、洗濯機で洗うことはできません。ただ、桶に手が差し込まれているマークのほうは、手洗いであれば洗濯処理をおこなうことができます。

ちなみにこの洗濯マークは、2016年12月1日から国際規格に合わせる形で新しいものへと切り替わり始めました。そのため、一部の衣料品は上記のマークとは微妙にデザインや意味が異なる場合があります。新マークに対応する旧マークについては、JIS取扱い(絵)表示記号 新旧対照表を参考にしてみてください。

洗濯機で洗えない場合の洗濯方法

洗濯機で洗えない衣料品は、手洗いするかクリーニングに出すかのどちらかになります。その判断をするときにも、洗濯マークが役立ちます。

記号 意味 判断
手洗い可能を表す洗濯マーク 液温は40度を限度とし、手洗いができる ある場合は手洗いができる
ドライクリーニング禁止を表す洗濯マーク ドライクリーニング禁止 どちらもないorどちらかしかない場合はクリーニングに出すことができる
ウェットクリーニング禁止を表す洗濯マーク ウェットクリーニング禁止

ドライクリーニングやウェットクリーニングは、クリーニング店でおこなわれる特殊な洗濯方法です。どちらの禁止マークもない場合や、どちらか一方の禁止マークしかない場合は、問題なくクリーニングに出すことができます。両方の禁止マークがある場合は、クリーニング店でも洗濯することができません。

なお、ウェットクリーニング禁止マークは旧マークが存在しませんが、ドライクリーニング禁止マークは旧マークが存在します。これについても、先ほど紹介したリンク先を参考にしてください。

まとめ

いかがでしたか?

洗濯機で洗えない衣料品は、表示ラベルに「桶に手が差し込まれているマーク」か「桶にバツ印が描かれているマーク」のどちらかが描かれています。どちらか一方が描かれていれば洗濯機では洗えないので、誤って洗濯機に入れてしまわないよう注意しましょう。ただし、洗濯マークには新旧があります。洗濯マークが旧規格の衣料品は、この二つのマークに対応する旧マークがないかも同時にチェックしてくださいね。