「トリートメント」と「コンディショナー」の違い

その他

この記事では、「トリートメント」と「コンディショナー」の違いについて説明します。この二つはどちらも似たようなものに思えますが、いったいどのような違いがあるのでしょう。

トリートメントとは

トリートメントとは、髪の毛の内側に浸透してダメージを補修するものです。洗い流すタイプと洗い流さないタイプがありますが、洗い流すタイプの場合は、シャンプーの後、コンディショナーの前に使います。

トリートメントは髪の内部に浸透させるものなので、洗い流すタイプの場合は、塗布してすぐにすすぐより、5~10分ほどつけ置きしてからすすいだほうが効果的です。このとき、蒸しタオルで包んだり、シャワーキャップをかぶったりすると、より効率よく浸透させることができます。完全に洗い流してしまうのは良くないので、すすぐときは髪にしっとり感が残るくらいサッとにしておきましょう。

なお、塗布する部分は洗い流すタイプも洗い流さないタイプも、髪の中間から毛先にかけてです。頭皮や髪の根元にはつけないように気をつけてください。

コンディショナーとは

コンディショナーとは、髪の毛の表面をコーティグしてキューティクルを整えるものです。順番的にはトリートメントの後ですが、髪のダメージレベルや髪質に合ったトリートメントをしていれば、コンディショナーはしなくても十分である場合が多いです。スペシャルケアをしたい場合に併用すると良いでしょう。

このようにコンディショナーはトリートメントとはまったく異なる役割を持っていますが、塗布する部分やすすぎ方はトリートメントと同じです。髪の中間から毛先にかけて塗布し、完全に洗い流してしまわないようサッとすすぎます。ただ、コンディショナーはトリートメントと違い、長くつけ置きしても効果はあまり変わりません。塗布した後はすぐにすすいでしまってOKです。

ちなみに、トリートメントやコンディショナーと混同しやすい「リンス」は、コンディショナーと同じ役割を持っています。

まとめ

  • トリートメント:髪の毛の内部に浸透してダメージを補修するもの。洗い流すタイプの場合は、シャンプーの後、コンディショナーの前に使う。
  • コンディショナー:髪の毛の表面をコーティングしてキューティクルを整えるもの。トリートメントの後に使う。スペシャルケアをしたい場合にトリートメントと併用する。

それでは、また!