iPhoneで撮った写真から位置情報を消す方法

iPhone

この記事では、iPhoneで撮った写真から位置情報を消す方法について説明します。すでに付与された位置情報を消す方法と、位置情報を付与せず写真を撮る方法がわかります。

写真に位置情報を付与するメリット・デメリット

iPhoneでは、位置情報を写真に付与する設定になっていると、撮影時の場所が位置情報として写真に残ります。位置情報からは、撮影場所の緯度・経度・高度などがわかります。

写真にこれらの情報が付与されるようにしておくと、どこで撮った写真か忘れてもすぐに確認できたり、位置情報を元に写真を整理できたりします。しかし同時に、ネット上に公開したとき、第三者に自宅住所や現在地を知られてしまうリスクもあります。Twitter、Facebook、Instagram、LINEなどは写真のアップロード時に自動で位置情報を削除してくれますが、そうでないところも当然あります。個人で楽しむ場合は問題ないですが、不特定多数と共有する場合、写真に位置情報は付与しないほうが良いでしょう。

すでに付与された位置情報を消す方法

すでに付与された位置情報は、iPhoneの標準機能では削除できません。そのため、位置情報を削除できるアプリを使うことになります。

位置情報を削除できるアプリはいくつかありますが、ここでは「Photo Secure」というアプリを紹介します。以下がPhoto Secureを使った位置情報の削除手順です。

  1. PhotoCheckを起動
  2. 「Load」をタップ
  3. 「“Photo Secure”が写真へのアクセスを求めています」と表示されたら「OK」をタップ
  4. 位置情報が記載されている写真をタップ
  5. 「プライバシー削除」をタップ
  6. 「Start」をタップ

位置情報の削除が終了すると、元の写真の位置情報なしバージョンが作成・保存されます。元の写真を削除したい場合は、対象の写真を選択してから「画像選択」>「削除」の順にタップしてください。

なお、写真は一度に複数枚選択することもできます。その場合は、「選択」をタップしてから、対象の写真すべてにタップでチェックマークを付けてください。

位置情報を付与せず写真を撮る方法

「どの写真にも位置情報は不要」という方は、位置情報が付与されない設定にすると良いでしょう。以下の手順に沿って設定を変更してください。

写真への位置情報付与に関する設定画面
  1. 設定アプリを起動
  2. 「プライバシー」をタップ
  3. 「位置情報サービス」をタップ
  4. 「カメラ」をタップ
  5. 「許可しない」にタップでチェックマークを付ける

上記の設定にすると、今後撮影する写真には位置情報が付与されなくなります。ただし、許可する設定で撮影した写真については位置情報が残ったままです。先ほど紹介した「Photo Secure」などを使って適宜削除をおこなってください。

まとめ

  • すでに付与された位置情報を消すには、「Photo Secure」などの位置情報を削除できるアプリを使う。
  • 位置情報を付与せず写真を撮るには、設定アプリから位置情報サービスの利用をカメラアプリで許可しない設定にする。

それでは、また!