玉ねぎの保存方法と保存期間

生活・文化

この記事では、玉ねぎの保存方法と保存期間について説明します。料理の主役としても脇役としても活躍する万能食材の玉ねぎ。玉ねぎはいったいどのように保存し、いつまで食べられるのでしょうか。

玉ねぎの保存方法

玉ねぎの保存方法は以下のとおりです。

未使用の玉ねぎ
  • 普通の玉ねぎ:新聞紙で包んでからかごに入れ、風通しの良い光の当たらない場所で保存
  • 新玉ねぎ:新聞紙で包んで野菜室で保存
使いかけの玉ねぎ ラップで包んでから密閉袋か密閉容器に入れ、野菜室で保存
カットした玉ねぎ 密閉袋か密閉容器に入れて冷凍庫で保存

玉ねぎの保存方法は、通年出回る普通の玉ねぎか春先に出回る新玉ねぎかによっても変わってきますし、未使用のものか使いかけのものかカットしたものかによっても変わってきます。玉ねぎの種類や状態に合った方法で保存するようにしましょう。

玉ねぎの保存期間

玉ねぎの保存期間は以下のとおりです。

保存期間は前述の方法で保存した場合を想定しています。
未使用の玉ねぎ
  • 普通の玉ねぎ:2か月
  • 新玉ねぎ:1週間
使いかけの玉ねぎ
  • 普通の玉ねぎ:3~4日
  • 新玉ねぎ:1~2日
カットした玉ねぎ 1か月

なお、上記の保存期間はあくまでも目安とお考えください。環境によって前後することもあるので、期間内であっても食べられない場合もあれば、期間を過ぎていても食べられる場合もあります。食べるか食べないかは、各自で判断してください。

ちなみに、傷んでいる玉ねぎには以下のような特徴があります。

  • 強烈なニオイがする
  • 触った感触がブヨブヨ・ヌルヌルする
  • 変色している
  • 芽が長く伸びている

まとめ

  • 未使用のものは、普通の玉ねぎであれば常温保存し、新玉ねぎであれば野菜室で保存する。この場合の保存期間は、普通の玉ねぎで2か月、新玉ねぎで1週間。
  • 使いかけのものは野菜室で保存する。この場合の保存期間は、普通の玉ねぎで3~4日、新玉ねぎで1~2日。
  • カットしたものは冷凍保存する。この場合、保存期間は1か月。

それでは、また!