「美容液」「乳液」「クリーム」の違い

その他

この記事では、「美容液」「乳液」「クリーム」の違いについて説明します。それぞれの役割や使う順番がよくわからない方はぜひご覧ください。

洗顔の効果的な方法

2018.04.29

化粧水の効果的なつけ方

2018.04.25

美容液とは

美容液には、肌のうるおいをキープする役割や、肌を明るくする役割があります。効果やテクスチャーは製品によって異なるので、肌の悩みや好みに合わせて選ぶのがベストです。化粧水と乳液の間で使います。

実際には、乾燥が気になる場合は保湿に特化した美容液、シミ・ソバカスを予防したい場合は美白に特化した美容液、という具合いに、目的に応じて使い分けます。ただし、二種類以上の美容液を一度に使うのはNG。かえって肌への負担になってしまうので、美容液の複数使いをしたい場合は、朝と夜で使い分けたり、部位ごとに使い分けたり、一定サイクルで使い分けたりしましょう。

乳液とは

乳液には、肌のうるおいをキープする役割や、肌を保護する役割があります。基本的な役割はクリームと同じですが、乳液はクリームより水分の割合が多く、テクスチャーがさらっとしているという特徴があります。美容液とクリームの間で使います。

クリームを使っている場合、肌の脂っぽさが気になる方は乳液は使わなくても良いでしょう。ダブル使いは、ニキビや化粧崩れの原因になります。反対に乾燥が気になる方は乳液も合わせて使いましょう。そうすることで肌のカサカサ感がやわらぎます。

クリームとは

クリームには、肌のうるおいをキープする役割や、肌を保護する役割があります。基本的な役割は乳液と同じですが、クリームは乳液より油分の割合が多く、テクスチャーがこってりしているという特徴があります。乳液の後、一番最後に使います。

乳液を使っている場合、肌の脂っぽさが気になる方はクリームは使わないほうが、反対に乾燥が気になる方はクリームも合わせて使ったほうが良いです。使うか使わないかは、肌の状態に合わせて決めてください。

まとめ

  • 美容液:肌のうるおいをキープする役割や、肌を明るくする役割がある。化粧水と乳液の間で使う。
  • 乳液:肌のうるおいをキープする役割や、肌を保護する役割がある。クリームより水分が多く、テクスチャーがさらっとしている。美容液とクリームの間で使う。
  • クリーム:肌のうるおいをキープする役割や、肌を保護する役割がある。乳液より油分が多く、テクスチャーがこってりしている。乳液の後に使う。

それでは、また!