「経験」と「体験」の違い

日本語の使い方

この記事では、「経験」と「体験」の違いについて説明します。この二つは同じような意味の言葉に思えますが、いったいどのように使い分けるのでしょう。

「経験」の意味と使い方

「経験」とは、「実際に見たり聞いたりおこなったりすること。また、それにより得た知識や技術」という意味の言葉です。実際に見たり聞いたりおこなったりすることを表すのは「体験」と同じですが、「経験」はそれだけでなく、行為によって得たものも表します。

「体験」と被る意味で用いる場合は、「ー談」「はじめてのー」「ーしなければわからない」のように用います。この場合の「経験」は、「体験」に置き換えても意味が通じます。「経験」固有の意味で用いる場合は、「ー値」「人生ー」「ーがある」「ーが浅い」「ーを積む」のように、「ない(少ない)と未熟、ある(多い)と熟練」といった意味合いの語句の中で用います。この場合の「経験」は、「体験」に置き換えることはできません。

「体験」の意味と使い方

「体験」とは、「実際に自分の身をもって経験すること」という意味の言葉です。実際に見たり聞いたりおこなったりすることを表すのは「経験」と同じですが、印象深い事柄や珍しい事柄に対して使うことが多いという点で「経験」と違いがあります。

「経験」と被る意味で用いる場合は、「はじめてのー」「ーしなければわからない」「ー談」のように用います。この場合の「体験」は、「経験」に置き換えても意味が通じます。「経験」に置き換えられないのは、「戦争ー」「心霊ー」「ー入学」など。これらは印象深い事柄や珍しい事柄に入るので、「経験」ではなく「体験」を用います。

まとめ

  • 経験:実際に見たり聞いたりおこなったりすること。また、それにより得た知識や技術。
  • 体験:実際に自分の身をもって経験すること。印象深い事柄や珍しい事柄に対して使うことが多い。

それでは、また!