髪の切れ毛の原因と対策

その他

この記事では、髪の切れ毛の原因と対策について説明します。髪の切れ毛にお悩みの方はぜひご覧ください。

髪の切れ毛の原因

切れ毛とは、中途半端なところで切れてしまっている髪の毛のこと。髪を保護する役割のキューティクルが剥がれたり、髪そのものが弱くなったりすることで起こります。その原因は、外的要因と内的要因の二つに大きく分けられます。

外的要因

切れ毛の外的要因には、おもに以下のようなものがあります。

  • 摩擦
  • 紫外線
  • 薬剤

摩擦、熱、紫外線、薬剤は、キューティクルが剥がれる原因となります。キューティクルが剥がれると髪内部の水分やタンパク質が外へ流れ出てしまうので、切れ毛の起こりやすいもろい髪になってしまいます。

内的要因

切れ毛の内的要因には、おもに以下のようなものがあります。

  • ストレス
  • 栄養不足
  • 血行不良

髪を強くするには、髪の成長をサポートする女性ホルモンのエストロゲン、タンパク質・ミネラルなどの栄養、髪を成長させる細胞まで栄養を行き渡らせる巡りの良い血液などが必要となります。しかし、ストレスがあるとエストロゲンが不足し、過度なダイエットや偏食などで栄養が不足するとタンパク質やミネラルが不足し、血行が悪いと栄養が髪に十分に行き渡らなくなってしまいます。

髪の切れ毛の対策

切れ毛は、摩擦・熱・紫外線・薬剤などの外的要因や、ストレス・栄養不足・血行不良などの内的要因によって起こります。そのため、次に生えてくる髪を切れ毛にならないよう健康に育てるには、こういった外的要因や内的要因を取り除く必要があります。

外的要因への対策

切れ毛の外的要因へは、以下のような対策をおこないましょう。

  • 濡れた髪は放置せずすぐに乾かす。
  • ブラッシングやタオルドライは優しくおこなう。
  • ドライヤーで熱し過ぎない。
  • カラーリングやパーマをしない。する場合は間隔を大きくあける。
  • 外出時は帽子を被ったり、日傘を差したり、日焼け止めスプレーを髪に吹き付けたりする。

髪を傷めない寝方

2018.06.17

髪は自然乾燥とドライヤーのどっちで乾かすのが良いの?

2018.06.02

タオルドライの正しいやり方

2018.06.02

内的要因への対策

切れ毛の内的要因へは、以下のような対策をおこないましょう。

  • 信頼できる人に悩みを打ち明けたり、リラックスできることをしたり、睡眠を十分にとったりする。
  • 1日3食をバランス良く摂る。
  • 体を冷やさないようにしたり、運動を習慣に取り入れたり、頭皮マッサージをおこなったりする。

まとめ

  • 切れ毛は、摩擦・熱・紫外線・薬剤などの外的要因や、ストレス・栄養不足・血行不良などの内的要因によって起こる。
  • 極力外部から髪へ刺激を与えないよう気をつけたり、内的要因を排除したりすることで、次に生えてくる髪を健康に育てることができる。

それでは、また!