「不審」と「不信」の違い

日本語の使い方

この記事では、「不審」と「不信」の違いについて説明します。この二つはどちらも「ふしん」と読み、意味も似ています。では、いったいこれらはどのようにして使い分けるのでしょう。

「不審」の意味と使い方

「不審」とは、「疑わしく思う」という意味の言葉です。対象について曖昧な点があり、「怪しい」と思っているときに使います。ただ、この時点では信用に影響する決定的ななにかがあるわけではないので、「信用できない」という評価にまでは至っていません。たとえば、「彼に不審の念を抱く」と言うと、不可解な言動や行動から彼を怪しんでいることになります。

また「不審」には、「ーに思う」「ーな点」「ーげな表情」のように形容動詞として使うことが多いという特徴があります。ただし、前述の例のように「ーの念」と名詞として使うこともあります。

「不信」の意味と使い方

「不信」とは、「信用しない」「誠実でない」という意味の言葉です。「信用しない」の意で使う場合は「不審」との使い分けが難しいですが、「不信」は対象について「信用できない」という評価をくだしているときに使います。たとえば、「彼に不信の念を抱く」と言うと、こちらの信用を裏切るおこないをした彼について、信用できない気持ちになっていることになります。

また「不信」には、「ーを招く」「ーが募る」「ーの行為」のように名詞として使うことが多いという特徴があります。そのため、前述の例のように「ーの念」と名詞形になる場合は、「不審」を使うことも「不信」を使うこともあります。

まとめ

  • 不審:疑わしく思う。対象について曖昧な点があり、「怪しい」と思っているときに使う。「信用できない」という評価にまでは至っていない。形容動詞として使うことが多い。
  • 不信:信用しない。誠実でない。「信用しない」の意は、対象について「信用できない」という評価をくだしているときに使う。名詞として使うことが多い。

それでは、また!