お年玉相場は?幼児~大学生はそれぞれいくらくらい?

お年玉相場は?幼児~大学生はそれぞれいくらくらい? 生活・文化

お正月が近づいてくると、「お年玉はいくらくらいが良いんだろう?」と悩んでしまう方が多いと思います。

お年玉は子どもの年齢によって妥当な金額が変わってきますから、決めるのはなかなか難しいです。

そこで今回は、お年玉相場を年齢別に紹介したいと思います。

お年玉をあげようと考えている方はぜひ参考にしてみてください♪

幼児にあげるお年玉相場

1~6歳の幼児の場合、お年玉相場は500~1,000円です。

幼児の場合は年齢に関係なく、一律500~1,000円というところが多くみられました。

お年玉計算式の「年齢×500円」に当てはめて算出する場合は

  • 1歳:500円
  • 2歳:1,000円
  • 3歳:1,500円
  • 4歳:2,000円
  • 5歳:2,500円
  • 6歳:3,000円

となりますが、これだと3歳以上は相場より高くなります。

小学生にあげるお年玉相場

7~12歳の小学生の場合、お年玉相場は1,000~3,000円です。

小学生は低学年と高学年で金額を変えるところと変えないところがあり、変える場合は低学年は1,000~2,000円、高学年は2,000~3,000円、変えない場合は一律2,000~3,000円というところが多く見られました。

お年玉計算式の「年齢×500円」に当てはめて算出する場合は

  • 7歳:3,500円
  • 8歳:4,000円
  • 9歳:4,500円
  • 10歳:5,000円
  • 11歳:5,500円
  • 12歳:6,000円

となりますが、これだとどの年齢も相場より高くなります。

中学生にあげるお年玉相場

13~15歳の中学生の場合、お年玉相場は3,000~5,000円です。

中学生の場合は学年に関係なく、一律3,000~5,000円というところが多く見られました。

お年玉計算式の「年齢×500円」に当てはめて算出する場合は

  • 13歳:6,500円
  • 14歳:7,000円
  • 15歳:7,500円

となりますが、これだとどの年齢も相場より高くなります。

高校生にあげるお年玉相場

16~18歳の高校生の場合、お年玉相場は5,000~10,000円です。

高校生も中学生の場合と同じく、学年に関係なく一律5,000~10,000円というところが多く見られました。

お年玉計算式の「年齢×500円」に当てはめて算出する場合は

  • 16歳:8,000円
  • 17歳:8,500円
  • 18歳:9,000円

となり、大体相場と同じくらいになります。

大学生にあげるお年玉相場

19~22歳の大学生の場合、お年玉相場は10,000円です。

大学生も中学生や高校生の場合と同じく、学年に関係なく一律10,000円というところが多く見られました。

お年玉計算式の「年齢×500円」に当てはめて算出する場合は

  • 19歳:9,500円
  • 20歳:10,000円
  • 21歳:10,500円
  • 22歳:11,000円

となり、大体相場と同じくらいになります。

ただ、「お年玉は20歳まで」としているところが多く、22歳まで渡しているところはあまり見られませんでした。

まとめ

お年玉相場は

  • 幼児:500~1,000円
  • 小学生:1,000~3,000円
  • 中学生:3,000~5,000円
  • 高校生:5,000~10,000円
  • 大学生:10,000円

となっています。

あらかじめ「この年齢の子にはこの金額」と決めておけば、子どもの親に「◯◯ちゃんよりうちの子のほうが少ない!同い年なのに!」と思われることもありません。

親戚間でお年玉の金額について取り決めがある場合はそれに従うのが一番ですが、そうでない場合はこの相場を参考にお年玉の金額を決めてみてください。