マスクで眼鏡が曇るときの対策

生活・文化

この記事では、マスクで眼鏡が曇るときの対策について説明します。マスクによる眼鏡の曇りは、とても簡単な方法で予防することができます。

マスクで眼鏡が曇る理由

眼鏡はマスクをしていないとき、たとえばラーメンを食べているときや、寒い所から暖かい所へ移動したときなどにも曇ってしまいますよね。眼鏡が真っ白に曇ってしまうと、前が見えないし格好悪いしでもう最悪です。

このようなときに眼鏡が曇ってしまうのは、暖かい空気が冷たいレンズに触れて温度が下がるため。暖かい空気には水蒸気がたくさん含まれていますが、冷やされると水蒸気を少量しか含めなくなり、空気中にとどまれなくなった水蒸気が押し出され水滴となってレンズに付着してしまうのです。つまり、「結露」と呼ばれる現象が起こっているんですね。

この現象がマスク着用時に発生するのは、マスクと鼻の隙間から鼻息がレンズにかかるためです。マスクをすると、鼻周辺に若干の隙間ができますよね? マスクの中の暖かい空気が、その隙間からレンズのほうへ上がっていってしまうんですね。ですから、マスク着用時の眼鏡の曇りはこの隙間をどうにかすることで予防することができます。

対策その1:マスクと鼻の間にティッシュを挟む

誰でもすぐにできる方法でおすすめなのは、マスクと鼻の間にティッシュを挟むという方法です。下の画像のように、折りたたんだティッシュをマスクの内側上部に置き、その状態でマスクを着用してみてください。

折りたたんだティッシュを内側上部に置いたマスク

検証してみましたが、この方法はかなり効果アリでした。見た目も悪くないですし、簡単なのでぜひ試してみてください。

対策その2:眼鏡本体に曇り止めを使う

もう一つの方法は、眼鏡本体に曇り止めを使うというもの。実際に試してはいませんが、クロスタイプ・スプレータイプ・ジェルタイプなどさまざまなタイプがあり、それぞれ1~2日ほど効果が持続するそうです。効果の高さは、クロスタイプ<スプレータイプ<ジェルタイプとのこと。この方法は、マスク着用時以外の曇り対策にも使えるので便利です。

まとめ

  • マスクで眼鏡が曇るのは、マスクと鼻の隙間から鼻息がレンズにかかるため
  • マスクによる眼鏡の曇りは、マスクと鼻の間にティッシュを挟んだり、眼鏡本体に曇り止めを使ったりすることで予防できる
  • 眼鏡本体に曇り止めを使う方法は、マスク着用時以外の曇り対策にも使える

それでは、また!